宝醤油の強み

味の分析力

 

 

 

「都内の有名店の味を再現してほしい」

 

宝醤油は、こんな依頼も受け付けています。

お客様のニーズに合わせたPB商品の開発なども積極的に行っている宝醤油ですが、ある特定の味をお客様のイメージ通りに再現することは、より経験と知識が求められる仕事になります。

宝醤油は、長年の経験で培ったノウハウで、どんな味でも再現します。

 

 

 

「全国どこへでも食べに行きます!」

 

 

「大阪にある店の、あのたれの味がどうしても欲しいのです。」

 

お客様から再現を依頼されるのは、近場のお店の味とは限りません。

営業マンや開発部員が地方へ赴き、ベンチマークの味を確かめに行きます。

 

お客様との打ち合わせを終えたその足で、商談が決まったその足で、駅や空港へ向かうこともあります。お客様の要望にスピーディーに対応する。

これが、宝醤油のモットーです。

 

既存の味の再現というのは、繊細な感覚と膨大な知識を要する仕事になります。

インターネットや人づての情報だけでなく、開発スタッフ自身が実際の味を知らなければ、お客様が期待するような味の再現は到底できません。

 

自分たちの五感を信じ、指標にしている宝醤油の開発部。

目標の味に近付くための時間は決して惜しみません。 

 

 

 

「食べれば分かる、プロの舌で調査します」

 

 

開発スタッフは、お客様が再現を望んだメニューを、試食しながら考察します。

テイクアウトできるものや、購入可能なソースは自社に持ち帰って研究することもあります。

 

一般客として料理を楽しむのではありません。

 

「この味は何からできているのだろう?」

 

色は濃いのか薄いのか。

サラサラしているのか、とろみがあるのか。

甘いのか辛いのか。

口に入れるとどんな香りが広がるのか。

 

官能評価に優れた開発スタッフは、この時点で、味を形作っているパーツが読み取れるといいます。

 

まずは、人の感覚、舌の上で感じた印象を大切にしています。

 

こうして持ち帰った調査結果をもとに、味を再現する作業がスタートします。

 

「目標の味に近付くにはどうしたらよいだろう?」

 

宝醤油は、味の再現をする場合、一から味を作っていく方法と、NB商品を改良していく方法を使い分けています。

 

一から味を作る方法は、お客様の希望する調味料をオーダーメイドで開発するということで、全くのオリジナルが欲しい、というお客様にとても喜ばれます。

 

NB商品を改良していく方法では、まず目標の味に近いものを選び、改良していきます。

そこで味の傾向をつかみ、何が足りないか分析を重ね、ターゲットに近付けていきます。

この方法は、コストを抑えたいお客様からも好評です。

 

 

 

「目標の味をとことん追求します」

 

 

「求めていた味とは何かが違う」

 

試作品の第一段階で、実際に試食いただいた時、お客様からそう評価されることもあります。

 

そんな時は、お客様のニーズや、なぜこの味を作りたいのかなど、

商品を作り込むにあたっての思い入れをも含めて、味のイメージを丁寧にすり合わせていきます。

 

お客様の想いを細かく伺って味に還元することも、宝醤油は大切だと考えています。

 

「お客様のニーズに応えたい」

「お客様の想像そのものの味を作り出したい」

 

求められる味の再現にかける真摯な想い。

これが、宝醤油の味の分析力につながっています。

 

 

 

関連記事を見る

宝醤油の強み一覧へ