宝醤油の強み

価格力と購買力

 

宝醤油は、自社の強みとして、美味しい商品群の他に“価格力と購買力”を謳っています。

価格力ってなに? 分かりやすく言ってよ、という方。

簡単なことです。お客様から見た価格力とは、

 

「こんなに美味しいのに安く買えてとっても嬉しい!」

 

と、いうことなのです。

 

お客様の喜びのためなら、努力を惜しみません。

それが、宝醤油です。

 

 

 

「宝醤油ってどんな会社?」

 

 

「宝醤油って、聞いたことがないけど……?」

 

安心してください。

宝醤油は、大手調味料メーカー、キッコーマンのグループ会社です。

 

昭和16年、ヒゲタ醤油株式会社とキッコーマン株式会社の関係者を中心として設立された、

宝醤油工業株式会社が、宝醤油の前身になります。

昭和35年1月に現在の宝醤油株式会社に商号変更、

平成17年よりキッコーマンの連結子会社になりました。

 

このとおり、宝醤油とキッコーマンは、創業から現在まで、

切っても切れない絆でつながっています。

 

これは、とても素敵なつながりです。

 

なぜなら、宝醤油がキッコーマンのグループ会社に所属していることで、

宝醤油にとっても、お客様にとっても、嬉しい仕組みが働くようになっているからです。

 

 

 

「みんなで共有すると安くなる!」

 

 

お菓子の買い物などをイメージするとよいでしょう。

個包装の1個よりも箱詰めの4個、箱よりも大袋のパーティーパック。

まとめ買いの方がコストパフォーマンスが高く、

割り勘するにしても、食べるにしても、なにかと喜ばれるものです。

 

キッコーマングループが大量に仕入れた原材料をシェアするかたちで、

宝醤油は原価を安く抑えることができ、お客様にも安い価格で美味しい商品を提供できるのです。

 

 

 

「“在庫がない”はあり得ない!」

 

 

宝醤油は、徹底した在庫の管理も欠かしません。

 

欠品してしまうと、急な製造依頼による製造計画の変更や、お客様への特別な配送が発生し、

本来は不必要であったコストがかかってしまいます。

 

物流会社との連携や委託倉庫の連動で、商品の在庫をいつも把握し、品薄であれば事前に製造する。

こうして、欠品を防いでいます。

この管理体制が、商品の安定した供給だけでなく、コストの削減につながっています。

 

 

 

「欲しい分だけお作りします!」

 

 

「新メニューに使う調味料が欲しいけど、在庫面でのリスクが高い……」

 

宝醤油にご依頼いただければ、そんなお悩みも解決します。

 

宝醤油では、600kgからの小ロット製造もお受けしています。

 

商品の使用用途や量によって、様々な容器や規格での納品が可能です。

お客様にぴったりの容器形態を必ずご提供できるはずです。

 

ここにも、コスト削減の秘訣が隠れています。

 

適正量が届けられるということは、適した配送方法で届けられるということ。

さらに、お客様側の在庫リスクや、賞味期限切れを抑えることにもつながります。

 

宝醤油は、どこまでもお客様のニーズにお応えしていく会社です。

 

 

 

「宝醤油とお客様、両想いのお取引」

 

 

宝醤油の強みである“価格力”。

 

キッコーマングループの購買力に加え、在庫の管理、生産の管理、配送の管理のどれにも気を配ることで、

宝醤油は商品の適正価格を実現しています。

 

宝醤油とお客様、どちらにとっても最適な価格で商品を提供すること。

 

これがお客様との円満なお付き合いの秘訣だと、宝醤油は考えています。

 

 

 

 

 

関連記事を見る

宝醤油の強み一覧へ