開発事例

ラーメンたれの開発

 

 

 

ラーメンのスープは、スープの素となる醤油を入れた後にスープを入れ、完成させています。

 

その初めに入れる醤油をかえしといいます。

 

かえしは、味を大きく左右する、ラーメン店には欠かせないものです。

かえしとスープが一体になって、初めてラーメンのスープと言えます。

 

「作りたいスープに完璧に合う醤油を使いたい。」

 

そう強く願っていた、ラーメン店を営むお客様。

こだわりを詰め込んだお店の味の命、理想のスープに合わせる、唯一のかえしを探していました。

 

◎目 次

 

 

 

「素材の味が活きるスープのかえし」

 

 

ラーメン店を営むお客様の、素材への思い入れは相当のものです。

 

お客様は、使う食材一つ一つを、自分の足で歩き探し、実際に舌で確かめながら、かえしの醤油と合わせた時に最高の形になるものを探し求めます。

 

「最高の素材を最高の組み合わせでお客様に提供したい。」

 

味にかけるその想いは、宝醤油も同じです。

 

お客様の要望に合わせた開発が始まります。

 

醤油には、甘いもの、辛いもの、濃いもの、薄いものなど、様々な種類があります。

 

ラーメンのスープに使用する際、醤油味を強めに出したい場合は、こいくち醤油。

味をさっぱりとさせ、スープの色合いを薄くしたい場合はうすくち醤油。

まったりとした風味を出したい場合はたまり醤油や甘口醤油など、用途に合わせて使い分けます。

生しょうゆを使用するお店もあります。

 

また、ラーメンのスープには、鶏ガラや豚骨でだしを取る動物系スープと、昆布や煮干しでだしを取る魚介系スープがあり、

かえしに求められる醤油の味は、お店が主流とするスープの種類や、製法によっても異なります。

 

「お客様が必要とするかえし用の醤油はどんなものだろう?」

 

宝醤油は綿密なヒアリングを行い、お客様が作りたいラーメンの味を引き出します。

 

お客様の要望によって、複数の醤油を組み合わせたり、配合の割合を変えたりしたもので、何パターンものサンプルを作成します。

このサンプルをお客様に提出して感想をいただき、さらに理想のかえしに近づけるための改良を行います。

 

宝醤油は細かな味の変化にも気付いて対応していくことで、お客様の求める味の再現を目指します。

 

 

 

「欲しかったかえしはこれだ!」

 

 

こうして、ラーメンのスープのかえし用の醤油が出来上がります。

 

「これぞ、理想のスープに合う最高のかえしだ!」

 

ひとつひとつの素材の旨みを、

どんぶりの底からしっかりとまとめあげるスープのかえし用の醤油は、

お客様から大きな好評をいただいています。

 

宝醤油の経験を活かして開発されるかえしは、ラーメン作りへの強いこだわりと情熱を持ったお客様の舌をうならせ、

全国のラーメン店、飲食店を通して人々に愛されるスープとなっています。

 

 

00_加工用300_ラーメン_001 

関連記事を見る

開発事例一覧へ