こだわりの商品

和風たれ

noimage

 

 

 

たれ、と言われてあなたはどのようなたれを想像しますか?

うなぎの蒲焼たれ、煮魚の甘いたれ。

焼鳥たれなど和食で便利なものですよね。

 

実際に、甘いたれ、すっきりしたたれなど味は様々です。

宝醤油のたれには、宝醤油が得意とする醤油ベースのものが多くあります。

大切に醤油を育てる天然醸造という製法のおかげで生まれた旨味が生きてきます。

 

旨味が強いので、他の調味料をブレンドしても醤油の旨味が負けず、本醸造醤油の風味を感じる事が出来るのです。

 

 

「メニューに合わせて、色々な味を使っていただけます」

 

 

1

 

 

本醸造醤油と、本みりん、そして砂糖を煮詰めた煮物つゆがあります。

この煮物つゆは希釈倍率を変えることによって、すき焼きや肉じゃがにも利用可能となります。

 

紹介した煮物つゆを筆頭として、用途に合わせて様々なたれがあります。

大根を入れてさっぱりとした風味を作った、大根たっぷりおろしソースも人気です。

冷しゃぶ、サラダ、ハンバーグにかけても、あっさりとした風味に仕上がるので、これをかけるだけで和食に早変わりです。

 

仕上がりにこだわる煮魚のたれは、魚に味がよく染み込み、ご飯が進みます。

 

穴子に使うたれ、具材入りのあんかけソースなど、数えきれないほどの種類があります。

 

もちろん、お客様が作りたいと思った商品があれば、これまでの経験を基にどんなものでも再現していきます。

 

例えば、八丁味噌を使ったたれがあります。

実際に足で原材料を探し、現地で品質の確認を行い、味の方向性が決まると、産地指定のブランド製品となります。

 

お客様が使いたいと思った地域の特産品があれば、八丁味噌のように実際に探し出して品質を確認して、商品を生み出していきます。

 

 

 

「くどすぎない、いい味なんですよ」

 

商品数が多い和風たれの中でも一番人気のたれがあります。それが甘辛ソースです。

宝醤油のヒット商品である、甘辛ソースが出来たきっかけを紹介しましょう。

 

営業マンがあるデパートのお惣菜をMRで食べました。

 

「これは美味しい!うちの醤油でこのようなたれを作ったら、もっと美味しくなるのでは?」

 

この情報は、開発チームにすぐに連動されます。

開発スタッフは、味見をすればどのような調味料で構成されているか、経験からだいたい分かるのです。

 

一般の甘辛ソースは、食べているとごはんが欲しくなってきますよね。

しかし、宝醤油の甘辛ソースは、くどすぎない優しい甘さが特徴です。

その理由は、甘さを砂糖だけに頼るのではなく、水あめをベースにしているからです。

 

 

甘辛い醤油ベースの味、噛んでいくうちに優しい甘さがやってきて、最後にピリッとほんの少し唐辛子の辛味がやってきます。

 

特にごぼうなどの野菜のから揚げに絡めると、衣に程よくしみこんで、しっとりします。

ご飯が無くてもたくさん食べれてしまうので、お酒にも合うと評判です。

 

甘辛味は日本人が好む味、第1位です。

しかも、甘辛ソースは、地域を選ばず、北海道から沖縄まで使っていただける強みを持っています。

 

和風たれは商品数が豊富です。

その大半に自慢の醤油の旨みが活かされています。

宝醤油では、自慢の自社製造の醤油を使い、様々な味のたれをご用意してお待ちしております。

 

 

 

 

関連記事を見る

こだわりの商品一覧へ